着崩れた時の対処法

着物を着るうえで出かけている最中でも、だんだん着崩れてきてしまうことが多いと思います。
そんなときに直し方を覚えておくと、とても便利なのでそのときの対処について動画を参考に紹介させていただきます。

長襦袢の襟がひらいてきたら、下前の身八口から左手を入れ、下前の襟をもち上前の襟を右手で持って両方を引きます。
左右の半襟が同じくらいに見えて着物も半襟にそって重なったら、大丈夫です。

上前の裾が下がってきてしまったら、立ち上がるときなどに自分で裾を踏んでしまいだらしなく見えてしまうので直しましょう。
腰ひもを少しだけ浮かせたら、着物を上に引き上げて裾が足袋にかかるくらいになったらOKです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事