着物に合う、和風な桜アートの描き方

着物に合うネイルでは、和柄や日本独特の模様を用いた物が多いですが、日本ならではの花柄ネイルも可愛いですから、ぜひ年始のイベントを楽しむためにも試してみてはいかがでしょう。

ピンク系のカラージェルやトップジェル、ネイルワイプとジェルクリーナー、ブラシとUVライトを用意したら、土台のベースとしてピンクのジェルとピンクラメのジェルでグラデーションを作ります。

花弁は白色のジェルで描いていき、4枚目と5枚目の花弁は、他の花弁と重なる感じで描いたら、オレンジのジェルで中央にグラデを作り、濃いめのピンクジェルで花弁の縁を塗り、ラメで花粉を作ったら花の完成です。

梅や桜の花弁は、ふっくらさせた方が可愛いので丸く描くのがポイントですから、いくつか描いて華やかなネイルにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事