着崩れを直して、上品に着こなそう

外出先で、歩いたり動いたりすることにより着崩れが起こることがありますから、直し方を覚えて、もしもの時のために備えておきましょう。

衿元が着崩れてしまった場合には、衿の延長線上にあるおはしょりを優しく引いて、衿のバランスや崩れを整えますが、内側の衿は、おはしょりの内側に内衿のおはしょりがありますので、帯の下に手を入れて優しく引くようにして緩みを整えます。

身八つ口では出てしまった布を正すために、脇の縫い目を持ち引いて、綺麗な胸元にしましょう。

長くなってしまうことのある裾は、脇にあるおはしょりをスーッと引いて、丈を上げていき、帯が緩んだら、帯締めを解いてから帯の緩みを整えて、再び帯締めを締めましょう。

着崩れを正すときは、優しい動作を心がけて、整えることが大切ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事