男性の帯締め方法

今回は男性の帯締めの中でも最もポピュラーと言える、角帯の貝の口結びの方法をご紹介致します。
これを一つ覚えているだけでも気軽に和服を楽しんでもらえますから、少しでも和服に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

腰紐、または男締めで固定しますが、男締めの方が取り付けも簡単で両手も自由に空き、着崩れも起こりにくいので男締めをおすすめします。
まず、帯の右手部分を40〜50cm程度半分に折ったら、その状態のまま左手側の帯で腰に回していき、右手側の帯を上に載せて腰に2回程度巻き付けていきましょう。
巻き終わったあまりの帯の裏同士を合わせて半分の長さにし、先ほど折った左手の帯を上から細い方にくぐらせてしっかりと結んでください。
下に出た帯の端を右上の方に折り上げ、太い方の帯の端を細い方の帯の下をくぐらせて締めたら、後は結び目を右から後ろに回して移動させて完了です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事