着崩れない着物の着方を知ろう

着物を着ていると衿部分が詰まってしまったり、緩んでしまうというお悩みを抱えるが多いかもしれませんが、着崩れた時にいちいち着物を直すのが面倒だという方は、着崩れしない着方を覚えておくと便利ですから紹介いたします。

半襦袢を着る場合には、腰紐2本を上手に活用することで、衿部分をしっかりと固定することができますから、背中側の衿部分を固定するためにも腰紐を背中に安全ピンで固定しておきましょう。

もう1本の腰紐は、半襟の下部分に安全ピンで固定して、背中に付けた腰紐を身八つ口から入れていき、後ろの腰紐と前の腰紐を結んで後ろの衿を固定しましょう。

お好みの衿の位置に応じて、後ろの腰紐の位置を変えることにより、簡単に着崩れしない着物を楽しむことができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事