和装での綺麗な振舞い方

着物着た時のマナーは昔から引き継がれており、マナーをきちんとしないと綺麗な着物を着用していても綺麗には見えないそうです。

そのため、歩く時は背筋を伸ばし自然に歩き、座る時は浅めに腰掛け、足を前後にずらして座ることをするだけでも綺麗に見えます。
そして、お辞儀は、中腰で浅く腰を折り曲げ、吊革をつかむ時は、袂の部分に手を添えて隠し、乗車はお尻からすることで着崩れしにくくなるという綺麗なことも起こりますよ。

また、浴衣は着用して汚れたその日のうちに洗い、石鹸などで手揉み洗いし、洗濯機で洗った後、水が滴るくらい軽く脱水してからお風呂場等で陰干しすると綺麗になり、汚れてから日が経ってしまうと落ちにくくなります。浴衣のシーズン終了後はクリーニングに出し、戻ってきたら、湿気でかびたりしないように、ビニールを外し、たとう紙という和紙に包んで保管するとまた綺麗に着用できますので、とても便利ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事