生地の見分け方は燃やすこと?

着物の生地が正絹かどうかを見抜く方法でもっとも早い方法は燃やすことです。生地の端のほつれた糸を燃やすことによって萌え方や匂いで大体の生地の種類を見分けることができること知っていました?

正絹は燃やすと燃えカスが丸くなり、髪の毛を燃やした匂いがするそうです。素材によって燃え方や匂いが違いますのでそうして見分けていくのです。

レーヨン(人絹)では一気に激しく燃え広がっていき、すぐに灰になります。
木綿では、一気には燃えずに少しずつキレイに燃えていき、正絹のように灰が丸くはならないという特徴があるのです。
ウールは一気に激しく燃え広がるように燃えていき、焼けた後が丸くなるそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事