着崩れを自分で直して着姿を美しくする方法

着物ライフを楽しんでいる時に、思いがけず着物が着崩れしてしまったという経験のある方もいるかもしれませんが、自分で素早く直す美しい着付けに戻す方法がありますのでぜひ参考にしましょう。

帯を締める前や締めた後、外出先などで着崩れに気が付いたら、とても見苦しいですから、前側と後ろ側と脇部分はしっかりチェックするようにしましょう。

後ろ側は姿勢が悪いと着崩れしやすいですから、直す場合には衿抜きを行ったり、背中やお尻に緩みが無いかをチェックします。

脇は手を動かすことにより着崩れすることがありますので、左右の後ろ身頃を前に引いて前身頃をか被せて、脇のお端折りを下に引きましょう。

前側も姿勢などにより着崩れすることがあるため、裾やお端折りが広がっていたら整えておき、前衿の合わせも確認しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事