着物のマナー

洋服にも時と場所によってマナーがあるように着物にもマナーがあります。しかし、全てが昔のままではなくファッションの1つとして新しい感覚が必要です。着ている人もそれを見る人も楽しくなってくることが最も重要です。

立ち姿は姿勢にあり、顎を引いて背筋をぴんと張ることです。なれない着物ですとつい緊張してしまいがちですが、1度深呼吸するだけでもリラックスすることができます。

食事の際に遠くのものをとる場合には袂をもって物を取るようにします。食べるときにはテーブルに身体を近づけるようにたべると着物を汚しにくくなります。
歩くときには内股で歩くほうがキレイといわれていますが、無理するとかえって不自然になってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事