着物初心者にオススメ、着崩れの直し方

着物の初心者がやりがちなミスとその着崩れの直し方についてご紹介いたしますので、ぜひ参考にして着物ライフを楽しみましょう。

帯揚げは、前や後ろは鏡などで確認するかもしれませんが、脇や後ろ側の部分の処理ができていなかったり捻れている場合がありますので、自分で見えない部分がきちんとできているか忘れずに確認しましょう。

余分なシワが付いていないか、もたつきがないかを帯揚げを作る時にチェックしたり、しっかりと引っ張ってシワを付けないよう注意しながら結ぶと良いでしょう。

帯揚げがたるんだ状態で結ぶと崩れやすいですから、結ぶ前に整えて下側がたるまないよう気をつけたり、ピンと張った状態で斜め上を意識しながら結んだりして綺麗な着姿で着物を楽しみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事