箱せこの意味

七五三には欠かせないアイテムの箱せこは、箱せこビラかんざしを挿して着物の懐に入れておくのが一般的ですが、何のために使うのでしょうか。

箱せこは一言で表すと「身だしなみセット」で、現在ではほぼ装飾の意味が強い箱せこビラかんざしも、昔は髪の乱れを直したり護身用の武器として使ったりと実用的な意味がありました。

また箱せこの中には懐紙や紅、お守りなどを入れていたこともあり、江戸時代には箱せこではなく「懐中用小物入れ」と呼ばれていたのです。
更に子供だけではなく若い女性ならたしなみとして持っていましたので、現代の化粧ポーチに近い役割があった訳ですね。

現代でも大人用の箱せこが販売されていますので、ぜひ和装を楽しむ際には箱せこにもこだわってみてください。

https://youtu.be/wm222MptkHI

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です