着崩れやすい着物の着付け方に注意しよう!

着物を着ていると着崩れてしまうという方も多いかもしれませんが、着崩れを防ぐためには着付けが大切ですよ。

着付け中に気をつけるべきポイントとして、下を向きながらの着付けはできるだけ避けた方が良いと言われていますよ。

着付け中の着物の状態が気になる方や姿勢の悪い方は、着付け中に手元を見るために下を向いてしまうかもしれませんが、着付け中に下を向いていると衣紋の位置がずれてしまったり、衿が浮いてしまったりするのです。

着付けに慣れる事ができれば、手元を見なくても紐を結んだりできるようになるという事ですが、できる限り真っ直ぐ前や上を向いて着付けるよう練習をしてみましょう。

着物を美しく着るためには、姿勢の良い状態で着る事が大切ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です