着物は季節で使い分けるべし!

着物は季節ごとに使い分ける事が大切ですから、着物の種類についてご紹介いたします。

最もポピュラーなのは袷と呼ばれる着物ですが、これは着物に裏地が付いていて10月から5月の間に着る着物なのですが、近年では気候によっては暑く感じる事もあるため、季節の変わり目なら単衣などの着物を着ても良いのだそうです。

単衣とは裏地が付いていない着物の事ですが、これは6月と9月に着る着物なので涼しく着こなしたい時にオススメですよ。

袷と単衣は反物自体は同じですが、裏地の仕立ての有無が異なっていて、生地の素材によっては単衣に適している物があるのです。

7月や8月の夏に着物を楽しみたいのであれば、盛夏という着物を着る事になりますが、代表的な素材は透け感のある絽や麻がありますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事